全国・海外のニュース

<米男子ゴルフ>松山は69で20位に上昇

第2ラウンド、6番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算2アンダー=ベイヒル・クラブ(共同)

 【オーランド(米フロリダ州)共同】米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は17日、フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は5バーディー、2ボギーの69で回り、通算2アンダーの142で首位と8打差の20位となった。
 66をマークしたチャーリー・ホフマン(米国)が通算10アンダーでトップに立った。1打差の2位にエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)、さらに1打差でマシュー・フィッツパトリック(英国)が続いた。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る