全国・海外のニュース

カイロで古代ファラオの巨像発見

エジプト・カイロで、地上に引き上げられた古代ファラオの巨像の胸部=13日(共同)

 【カイロ共同】エジプトとドイツの考古学チームが18日までにエジプトの首都カイロで、古代ファラオ(王)の巨像の頭部と胸部を発見した。珪岩製で、全体像は推定約9メートル。考古省は第3中間期のプサメティコス1世(紀元前664〜同610年)の可能性が高いとしている。
 見つかったのは労働者が多く暮らす住宅街マタリーヤ地区で、古代の太陽神信仰の中心地、ヘリオポリスの一部。新王国時代の紀元前13世紀に在位したラムセス2世の神殿跡が確認されている場所でもあり、巨像は当初ラムセス2世のものと考えられたが、胸部にプサメティコス1世の名前を示す象形文字があった。


2017年03月18日土曜日


先頭に戻る