全国・海外のニュース

「逃げろ」で坂道駆け上る、宮城 津波の教訓伝承

「逃げろ」の言葉で坂道を駆け上がる参加者=18日午後、宮城県女川町

 東日本大震災の津波で大きな被害に遭った宮城県女川町で18日、「逃げろ」の掛け声を合図に参加者が一斉に坂道を駆け上る行事が開かれた。津波が来たら、いち早く高台へ逃げることが大事という教訓を後世に伝えるため、2013年に始まった。
 同町に津波が到達したとされる午後3時32分、約230人がJR女川駅近くをスタートし、約300メートル先の高台まで全力疾走した。1位でゴールした、高校を卒業したばかりの斎藤壮太さん(18)=同県石巻市=は「急いで逃げることが一番ということを示せたと思う」と笑顔だった。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る