全国・海外のニュース

パリ郊外の空港で男射殺、テロか

18日、パリの南郊外オルリ空港で警戒に当たる警察官(ロイター=共同)

 【パリ共同】パリの南郊外オルリ空港の旅客ターミナルで18日午前8時半(日本時間午後4時半)ごろ、男が警備していた治安要員を襲撃し、武器を奪おうとしたため、別の治安要員に射殺された。利用客らにけがはなかった。当局はテロ関連容疑で捜査を開始した。フランスのメディアが伝えた。
 男は39歳のフランス人で、対テロ当局の監視対象だった。警察は男の父ら家族2人の身柄を拘束し、事情聴取した。
 男は事件の約1時間半前、約25キロ離れたパリ北郊外スタンで路上検問に当たっていた警官を拳銃で撃ち、軽傷を負わせて逃走した。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る