全国・海外のニュース

渡部暁、2戦連続の4位 スキー複合W杯個人

後半距離の渡部暁斗(14)。4位となった=ショーナッハ(共同)

 【ショーナッハ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は18日、ドイツのショーナッハで個人第22戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は2戦連続の4位となった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS106メートル)は97・5メートルの120・5点で14位だったが、トップと33秒差で出た後半距離(10キロ)で巻き返した。
 エリック・フレンツェル(ドイツ)が飛躍の7位から逆転し、2連勝で今季9勝目、通算40勝目を挙げた。飛躍で首位に立った渡部善斗(北野建設)は距離で順位を落とし、17位にとどまった。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月18日土曜日


先頭に戻る