全国・海外のニュース

HP、小野塚が日本初の金メダル

フリースタイルスキーの世界選手権、ハーフパイプで金メダルをとった小野塚彩那=シエラネバダ(ゲッティ=共同)

 【シエラネバダ(スペイン)共同】フリースタイルスキーの世界選手権は18日、スペインのシエラネバダで行われ、ハーフパイプ(HP)の女子決勝で2014年ソチ冬季五輪銅メダルの小野塚彩那(石打丸山ク)がこの種目では男女を通じて日本勢初の金メダルを獲得した。
 小野塚は16日の予選を2位で突破。上位6人による決勝2回目で89・80点をマークし、1位となった。日本勢が出場していない男子はアーロン・ブランク(米国)が91・80で勝った。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月19日日曜日


先頭に戻る