全国・海外のニュース

スノボ女子は松本、男子は戸塚V 全日本選手権HP

女子ハーフパイプで優勝し、歓声に手を振って応える松本遥奈=さっぽろばんけい

 スノーボードの全日本選手権ハーフパイプ(HP)は19日、札幌市ばんけいで行われ、女子は世界選手権銀メダルの松本遥奈(クルーズ)が80・50点で2年ぶり3度目の優勝を果たした。同選手権4位の大江光(バートン)が74・00点で2位に続いた。
 男子は15歳の戸塚優斗(ヨネックス)が95・0点で初制覇し、片山来夢が92・50点で2位となった。ソチ冬季五輪銅メダルで世界選手権代表の平岡卓(バートン)は5位にとどまった。ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(バートン)は負傷のため欠場した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年03月19日日曜日


先頭に戻る