全国・海外のニュース

ベルギー同時テロから1年 治安維持に兵士動員続く

ベルギー・アントワープの中央駅を警備する兵士=3日(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)が本部を置くベルギー・ブリュッセルの地下鉄と国際空港で計32人が犠牲となった同時テロから22日で1年。政府は治安維持のため兵士を街頭に多数動員し続けるなどして「ベルギー史上最も暗い日々」(地元メディア)の再来を阻止した。しかしテロに関わる恐れのある人物は依然として多数に及ぶと指摘され、テロの脅威は消えていない。
 空港から逃げて逮捕されたモハメド・アブリニ容疑者は2015年11月のパリ同時多発テロにも関与したとみられ、フランス当局が今年1月、本格捜査を始めた。両国にまたがるテロ組織の解明は徐々に進みつつある。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年03月20日月曜日


先頭に戻る