全国・海外のニュース

来週にも法案採決強行の構え 「共謀罪」で与党

衆院本会議で自身の解任決議案が否決され、一礼する鈴木淳司法務委員長=9日夜

 衆院は9日の本会議で、鈴木淳司法務委員長(自民党)に対する委員長解任決議案を与党などの反対多数で否決した。決議案は「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の審議を巡り、委員会運営が強引だとして民進党が提出した。法務委は12日に質疑が再開される方向。与党は今国会での成立を期すため、来週にも衆院本会議の採決を強行する構えだ。
 与党は審議が順調に進めば、来週中には衆院通過の目安としている30時間に達するとしている。ただ、民進党が廃案を目指す中、審議日程は窮屈になりつつある。


2017年05月09日火曜日


先頭に戻る