全国・海外のニュース

自民、改憲案へ新組織検討 9条や教育のテーマ別

 自民党は、安倍晋三首相(党総裁)が改正憲法の2020年施行を目指すと表明したのを受け、改憲案を議論する新組織を設置する検討に入った。党関係者が10日、明らかにした。9条への自衛隊明記や教育無償化などのテーマ別に小委員会を設ける案が有力だ。一方、衆院憲法審査会は民進党の賛同が得られず、当初予定された11日の開催が見送られた。民進党は参院憲法審も当面開かないと与党側に通告した。
 首相による3日の改憲発言を踏まえ、自民党は改憲項目の絞り込みを加速させる方針。だが国会での各党論議は、首相の掛け声と裏腹に足踏み状態となった。


2017年05月10日水曜日


先頭に戻る