全国・海外のニュース

カジノ区域、20年にも認定 政府、2〜3カ所想定か

IR推進会議の会合であいさつする山内弘隆議長(右)=10日午後、首相官邸

 政府は10日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の立地区域の認定時期について、最速で2020〜21年となる見通しを示した。区域数は少数に限る方向で2〜3カ所が想定されている。都道府県や政令指定都市が申請した計画を、国土交通相が審査して認定する方針で、会議開催や宿泊といった4機能の完備を認定の条件とする。計画には経済効果のほか、懸念の強いギャンブル依存症への対策も盛り込ませる。
 同日開かれた有識者によるIR推進会議に申請主体や4機能の方針を提示した。区域数は「2、3カ所でスタート」とする超党派議連議員の国会答弁などをベースに検討すると説明した。


2017年05月10日水曜日


先頭に戻る