全国・海外のニュース

<東京五輪>仮設費、都が全額負担

東京都の小池百合子知事(左)と会談する安倍首相=11日午前、首相官邸

 東京都の小池百合子知事は11日、2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、都外の競技会場も含めて仮設整備費を都が原則として全額負担する意向を表明した。安倍晋三首相と官邸で会談後、報道陣の取材に答えた。
 小池知事は「(仮設整備費は)他地域の費用も負担する」と明言。全額負担するのかと問われ「一つ一つ精査するが、大枠ではその流れだ。国にはパラリンピックの費用負担をお願いする」と語った。
 大会組織委員会の試算では、都外6道県にある11会場の仮設整備費は計438億円に上る。


2017年05月11日木曜日


先頭に戻る