全国・海外のニュース

首相答弁で政府釈明「国会軽視のつもりない」

 萩生田光一官房副長官は11日、衆院議院運営委員会理事会で、安倍晋三首相が8日の衆院予算委で憲法改正に関し「(首相のインタビューを掲載した)読売新聞を熟読していただきたい」とした国会答弁を巡り釈明した。「首相は国会を軽視するつもりはなかった。今後も言葉を尽くし、国会への説明責任を十分に果たしたい」と述べた。
 佐藤勉議運委員長(自民党)は、萩生田氏に対し「丁寧な答弁を心掛けてもらいたいとの思いは与野党で一致している」と苦言を呈した。
 首相の答弁を巡っては民進党など野党が反発していた。


2017年05月11日木曜日


先頭に戻る