全国・海外のニュース

環境副大臣 室温28度に「不快との声」

1日、軽装でクールビズをアピールする環境省の職員=東京・霞が関

 11日に首相官邸で開かれた副大臣会議で、クールビズの冷房使用時の室温設定が議論になり、環境省の関芳弘副大臣が「28度は不快な温度だとの声があったので、対応を検討したい」と引き取った。出席した政府高官が明らかにした。
 政府は、オフィスや家庭の冷房を28度に抑えて軽装を促すクールビズを推進し、環境省はその旗振り役を務めている。
 これに関連し、菅義偉官房長官は記者会見で「皆さんが過ごしやすい温度でいいのではないか」と述べ、冷房の温度設定は柔軟に対応するのが望ましいとの考えを示した。


2017年05月11日木曜日


先頭に戻る