全国・海外のニュース

北海道奥尻島の450キロ先落下 稲田氏、北ミサイルで推定

 稲田朋美防衛相は16日の記者会見で、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルについて「日本の防空識別圏内に落下したと推定される。落下地点の日本からの距離は、北海道・奥尻島から約450キロの日本海上だと推定している」と述べた。
 同時に弾道ミサイルの種類について「北朝鮮が発表した画像を見る限り『スカッド』『ノドン』『ムスダン』とは弾頭の形状が異なる」として新型ミサイルの可能性を重ねて指摘した。米本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性について「詳細は分析中」とした。
 エンジンに関し「直線状の炎が確認できる」として液体燃料を使用したとの見解を強調。


2017年05月16日火曜日


先頭に戻る