全国・海外のニュース

与党、首相出席で17日質疑提案 共謀罪で、野党は保留

 与党は16日の衆院法務委員会理事会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、安倍晋三首相が出席する質疑を17日に開催することを提案した。野党は態度を保留した。
 法案の一部修正で日本維新の会の合意を取り付けた与党は18日の衆院通過を期し、17日の法務委での採決を目指している。一方、連携して廃案を迫る方針の民進、共産両党は、与党が採決を強行した場合、金田勝年法相の不信任決議案提出も視野に入れており、与野党攻防がヤマ場を迎えつつある。


2017年05月16日火曜日


先頭に戻る