全国・海外のニュース

退位法案、参院は特別委で審議 自民と民進が合意

 自民党の松山政司、民進党の榛葉賀津也両参院国対委員長は16日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り国会内で会談し、参院では特別委員会を設置し審議することで合意した。松山氏は少数会派に配慮した議事運営に努める意向も伝えた。
 衆院では自民党が民進党に対し、審議の場を議院運営委員会とすることも選択肢だと提案。民進党は保留している。
 榛葉氏は会談後、衆参で審議する委員会が異なることになった場合でも「全く問題ない」との認識を記者団に示した。
 一方、自民党は16日の総務会で特例法案を了承し、党内手続きを終えた。


2017年05月16日火曜日


先頭に戻る