全国・海外のニュース

法相不信任、18日否決へ 共謀罪採決、19日の構え

自身に対する不信任決議案が提出され、衆院法務委が開会されず、退席する金田法相。記者に囲まれ質問に応じた=17日午前

 自民、公明両党は「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡って提出された金田勝年法相の不信任決議案について、18日の衆院本会議で否決する方針を確認した。19日に衆院法務委員会を開き「共謀罪」法案を審議し採決を強行する構え。民進、共産などの4野党は採決阻止へ徹底抗戦を続ける。週内の衆院通過は見送られる見通しだ。
 与党は法務委採決を経て来週の23日に衆院通過を図る意向。参院での審議入り日程も焦点になるとみられる。与党は24日に首相出席で参院本会議を開き、共謀罪法案を審議入りさせたい考えだ。


2017年05月17日水曜日


先頭に戻る