全国・海外のニュース

ランサムウエア被害は計25件に 警察庁把握

 警察庁は19日、世界各国を襲った「ランサム(身代金)ウエア」によるサイバー攻撃で、18日午後5時までに新たに4件の被害を確認したと明らかにした。これまでに同庁が把握した被害は計25件となった。
 警察庁によると、新たに確認した4件の内訳は、東京都の企業が1件で、ほかは東京都の50代男性、埼玉県の70代男性、大阪府の20代女性。
 警察庁は、被害防止のため、ソフトウエアの更新やデータのバックアップを求めている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年05月19日金曜日


先頭に戻る