全国・海外のニュース

三菱重工が新会社発足 農業用エンジン事業

 三菱重工業は14日、農業機械用のガソリンエンジン事業を分社化し、名古屋市に本社を置く新会社を10月1日に発足させると発表した。事業運営の効率化と経営判断の迅速化が狙いで、国産ブランドとしての価値を高める考え。
 新会社は「三菱重工メイキエンジン」。グループ会社の農業機械用エンジン事業の開発や製造、販売などを集約する。資本金は3億円で新会社の従業員は約200人。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年09月14日木曜日


先頭に戻る