全国・海外のニュース

テニス女子、奈良は2回戦敗退 ジャパンOP第4日

シングルス2回戦で敗れた奈良くるみ=有明テニスの森公園

 テニスのジャパン女子オープン第4日は14日、東京・有明テニスの森公園で行われ、シングルス2回戦で世界ランキング108位の奈良くるみ(安藤証券)は同57位の王薔(中国)に2―6、3―6で敗れ、2年連続のベスト8を逃した。
 ダブルス準々決勝では青山修子(近藤乳業)楊ショウケン(中国)組が勝って4強入りした。二宮真琴(橋本総業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組は日比野菜緒(ルルルン)ジェシカ・ムーア(オーストラリア)組を退けて準決勝に進出。穂積絵莉(橋本総業)加藤未唯(佐川印刷)組は敗退した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年09月14日木曜日


先頭に戻る