全国・海外のニュース

日本ハムの大谷、無事手術終了 来春には間に合う見通し

 日本ハムは12日、大谷翔平投手(23)が東京都内の病院で痛みの原因となっていた右足首後方にある三角骨を除去する内視鏡手術を受け、無事に終了したと発表した。投打を含めて制限なくプレーできるまで約3カ月を要する見込み。今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意思を固めており、来春のキャンプには間に合う見通し。
 大谷は2〜3週間は病院内でリハビリを行う。退院後は千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリを続ける予定。
 昨季の日本シリーズで走塁中に痛め、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を辞退する原因となった。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2017年10月12日木曜日


先頭に戻る