全国・海外のニュース

コンゴ大統領選、大幅延期に 任期切れのままカビラ氏続投

 【ナイロビ共同】コンゴ(旧ザイール)の選挙管理委員会は12日までに、今年中に予定していた大統領選を2019年4月以降に延期すると明らかにした。有権者登録に時間がかかるためだと説明している。ロイター通信が報じた。
 カビラ大統領の2期目の任期は16年12月に切れたが、選管の準備不足を理由に続投。大統領の3選出馬は憲法で禁じられており、今年中に選挙を行いカビラ氏が辞任することで与野党が合意していた。
 憲法を改正し3選出馬を可能にするため選挙を遅らせているとの臆測も出ており、与野党の支持者間で緊張が高まる恐れがある。


関連ページ: 全国・国外 国際

2017年10月12日木曜日


先頭に戻る