全国・海外のニュース

TPP首脳合意持ち越し カナダ、土壇場で異論

ベトナム・ダナンで開かれる予定だったTPP首脳会合の会場=10日(代表撮影・共同)

 【ダナン(ベトナム中部)共同】環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国は10日、ベトナム中部ダナンで予定していた首脳会合を延期し、米国抜きでの新協定発効に向けた首脳間の大筋合意を見送った。9日の閣僚会合では大筋合意を打ち出したが、慎重派だったカナダが土壇場で異論を唱えた。10日夜から急きょ閣僚会合を開いて再調整し、茂木敏充経済再生担当相は閣僚レベルでの妥結内容は全て確認したと記者団に説明した。
 目標としたアジア太平洋経済協力会議(APEC)期間中の最終決着は持ち越しとなった。自由貿易圏をつくる結束に暗雲が垂れ込めた。


関連ページ: 全国・国外 経済

2017年11月11日土曜日


先頭に戻る