全国・海外のニュース

詐欺容疑で会社社長ら6人逮捕 投資話で60億円集金か、警視庁

被害者の手元に残された借用証書や株券(画像の一部をモザイク加工しています)

 輸入ワインの販売事業などへの投資を持ち掛け、高齢者らから現金をだまし取ったとして、警視庁生活経済課は15日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで、健康食品販売会社「ロイヤルフーズ」(東京都品川区)の社長原田一弥容疑者(63)=静岡県熱海市=と、元妻の小野寺朝子容疑者(68)=同=や元従業員ら計6人を逮捕した。別の元従業員2人についても同容疑で逮捕状を取っている。
 捜査関係者などによると、小野寺容疑者は化粧品販売会社も経営。「元金に利息を付けて返還する」などと説明し、約千人に1口100万円などで出資させ、総額約60億円を違法に集めていたとみられている。


関連ページ: 全国・国外 社会

2017年11月15日水曜日


先頭に戻る