全国・海外のニュース

<箱根駅伝>青学大が6校目4連覇 往路2位から逆転

1位でゴールする青学大のアンカー・橋間=東京・大手町
1位でゴールしたアンカー・橋間(手前右から2人目)を迎える青学大のチームメート。奥左端から4人目は原監督=東京・大手町

 第94回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに21チームが参加して復路が行われ、往路2位の青学大が逆転で4年連続4度目の総合優勝を果たした。10時間57分39秒の大会新記録で、2002〜05年の駒大以来、史上6校目の4連覇を達成した。
 4分53秒差で東洋大が3年連続の2位、早大が昨年に続く3位となった。4位は日体大、5位は東海大だった。青学大は復路も5時間28分34秒で4連覇した。


関連ページ: 全国・国外 スポーツ

2018年01月03日水曜日


先頭に戻る