全国・海外のニュース

北朝鮮、平昌五輪参加を正式表明 2年ぶり南北会談で韓国に

南北会談で握手する韓国の趙明均統一相(右)と北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長=9日、板門店(韓国取材団・共同)
南北当局間会談に出発する趙明均統一相(中央)ら韓国側代表団=9日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線上の板門店の韓国側施設「平和の家」で、2年1カ月ぶりとなる南北当局間会談を開いた。韓国代表団は、北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪に参加すると正式に表明したと明らかにした。首席代表は閣僚級で、南北会談は韓国の文在寅大統領の政権発足後では初めて。文氏は北朝鮮の五輪参加を実現させ緊張緩和につなげたい考えで、会談の行方は朝鮮半島情勢に大きく影響する。
 韓国代表団は北朝鮮に、五輪での韓国側との合同入場行進や合同応援を行うよう要請した。緊張を高める行為の中断なども提案したが、北朝鮮側からは特別な言及や反応はなかったという。


関連ページ: 全国・国外 国際

2018年01月09日火曜日


先頭に戻る