全国・海外のニュース

酒気帯び容疑で千葉・勝浦市議逮捕、知人に身代わり依頼か

 千葉県警勝浦署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県勝浦市、勝浦市議高梨弘人容疑者(40)を逮捕した。
 署によると、高梨容疑者は物損事故を起こして立ち去ったが、数十分後に知人を連れて現場に戻った。知人は当初「自分が運転した」と署員に話したが、その後「身代わりを頼まれた」と一転させた。高梨容疑者は運転していたことを認め、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。
 逮捕容疑は12日午後9時50分ごろ、同市台宿の県道で酒気帯び状態で軽乗用車を運転した疑い。通行人が110番した。車は道路脇ののり面に衝突し大破、高梨容疑者は右手に軽傷を負った。


関連ページ: 全国・国外 社会

2018年01月13日土曜日


先頭に戻る