全国・海外のニュース

安倍政権下の改憲反対54% 原発即時停止49%賛成

世論調査の主な結果

 共同通信社が13、14両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に反対は54・8%で、2017年12月の前回調査から6・2ポイント増加した。賛成は33・0%。小泉純一郎元首相らが主張する全原発の即時停止に賛成は49・0%、反対は42・6%だった。内閣支持率は49・7%で、前回調査から2・5ポイント増加した。不支持率は36・6%。
 憲法9条に自衛隊を明記する首相の提案に反対は52・7%で、賛成35・3%を上回った。
 長距離巡航ミサイルの導入は、賛成41・7%、反対46・7%。


2018年01月14日日曜日


先頭に戻る