争点−119番山形大生死亡訴訟

山形大2年大久保祐映さん=当時(19)=の死をめぐる損害賠償請求訴訟は、山形市消防本部の通信員が119番通報の緊急度を判定し、救急車の出動、不出動を判断するシステムの是非が大きな争点になっている。

特集

バックナンバー
先頭に戻る