<ツール・ド・東北>宮城県知事60キロ完走

ガッツポーズでゴールする村井知事=18日午後2時5分ごろ、石巻市の石巻専修大

 初参加した村井嘉浩知事は女川・雄勝フォンド(60キロ)を約5時間で走った。拍手で迎えられゴールすると「応援ありがとうございました」と笑顔で応え、雨天の悪条件にも疲れを見せなかった。
 東日本大震災で被災した沿岸部を自転車で走るのは初めてで、時間をかけて回ったという。「被災地域の街並みも形になってきた。より力を入れて復興を進めていきたい」と話した。
 プロサイクリストの別府史之さん(33)は気仙沼フォンド(211キロ)に出場。国際大会から2日前に帰国したばかりだったが、「特産品を味わい、声援を聞いたら力が沸いた」と頬が緩んだ。
 ツール・ド・東北の前身「三笠宮杯ツール・ド・とうほく」に2000年に出場し、男子ジュニアで個人、団体とも優勝。東北への思いは強い。「多くの住民が参加し、大会が地域と密着していると肌で感じた」と振り返った。


2016年09月19日月曜日


先頭に戻る