<ツール・ド・東北2017>新コースは誘客の起爆剤

奥松島グループライド&ハイキングのコースを試走する地元のライダー。さまざまな表情を見せる奥松島の海岸美を楽しめる=宮城県東松島市宮戸

 東日本大震災で被災した宮城県沿岸を自転車で巡るツール・ド・東北2017が、9月16、17日に開かれる。震災からの復興を支援する大会は今年で5回目。自転車への理解は徐々に広がり、観光を融合させたサイクルツーリズムの具体化への期待が高まる。環境整備の機運も醸成され、関係者は「今年をサイクルツーリズム元年に」と意気込む。各地の取り組みや先進地の事例を紹介する。(ツール・ド・東北取材班)

◎発進 サイクル観光(上)奥松島の魅力

 日本三景・松島の東に位置する奥松島(東松島市)は、切り立った岩肌が雄大な自然の世界を織り成す景勝地だ。その一つ、嵯峨渓は「日本三大渓」に数えられ、女性的な印象の松島に対し、男性的な勇ましさを醸し出す。
 松島ほどの知名度はないものの、景観が魅力の奥松島に、今年のツール・ド・東北の新コース「奥松島グループライド&ハイキング(70キロ)」が設けられる。関係者は、震災で落ち込んだ観光客数回復の契機にしたいと、サイクルツーリズムに希望を託す。

<「下地はできた」>
 過去4回の大会を経て、地元がライダーを受け入れる機運は確実に高まっている。前回の参加者は3764人。年々増えていく参加者数が、地元の取り組みの原動力だ。
 石巻、東松島、女川3市町の観光振興を展開する一般社団法人、石巻圏観光推進機構の後藤宗徳代表理事(58)は農作業に例えて言う。「田植えは終わり、稲穂が付いた。サイクルツーリズムの下地はできた」
 その上で「今後は収穫に向け、ビジネスの仕組みを作る。サイクルツーリズムは大黒柱になる」と具体化に意欲を見せる。こぎ出す先に奥松島の観光再生がある。
 東松島市によると、市内の観光客数は震災前の2010年が110万人。16年は52万人で、回復は半分にも及んでいない。震災前、奥松島の野蒜、宮戸両地区に計約40あった宿泊施設は現在9施設。総定員は1200人から200人へと8割以上も減った。

<食の魅力プラス>
 まずは観光地としての魅力を参加者に知ってもらおうと、新コースには陸続きの宮戸島にある大高森(標高105メートル)へのハイキングが組み込まれた。約20分かけて登る山頂の展望台からは、松島湾の絶景を一望できる。
 市商工観光課の山県健(まさる)課長は「東松島の良さを知って、リピーターになってほしい。少しずつでも口コミが広がれば」と期待する。奥松島グループライドは、全7コースの中で最も起伏が少ない。初心者でも走りやすく、今回は約300人が参加する。
 東松島市に住むライダー歴10年の公務員大久保哲也さん(44)は「平たんで、集団走行に適している」と強調。新コースを活用し、地域の魅力をアピールする鍵は「食」と指摘する。
 「おいしいものを食べることはライダーの大きなモチベーション。宮城県南三陸町の『キラキラ丼』といった、その土地でないと食べられないものが特に魅力的だ」と話す。
 後藤代表理事は「食事、自転車のメンテナンスの拠点整備をはじめ、サイクルツーリズムが定着するために必要な課題を整理し、自治体などの関係機関と共に対策に取り組みたい」と力を込めた。


2017年08月24日木曜日


先頭に戻る