<ツール・ド・東北2017>パンサー尾形さん、古里の味に「サンキュー」

大高森エイドステーションで、サラダのりうどんを食べるパンサーの尾形さん(左)ら

 ツール・ド・東北の新設コース「奥松島グループライド&ハイキング」に、お笑い芸人トリオ、パンサーの尾形貴弘さんが参加した。尾形さんはコース途中の東松島市宮戸の大高森エイドステーション(AS)に立ち寄り、古里をPRした。
 大森高ASで尾形さんは、名物の「サラダのりうどん」を勢いよくすすり、「うまい。最高。絶対、東松島に食べに来るべきだ」とアピール。持ちネタの「サンキュー」も披露した。
 コースは野蒜地区の尾形さんの実家の前を通る。「小さい頃に遊んでいた思い出がよみがえった。気持ちよかった」と振り返った。


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る