<ツール・ド・東北2017>復興見つめ 潮風と快走 2コースに約480人参加

湾内に浮かぶ島々を背に走る、奥松島グループライドの参加者=16日午後0時30分ごろ、東松島市宮戸

 東日本大震災からの復興を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2017」(河北新報社、ヤフー主催)が16日、2日間の日程で開幕し、2コースに計約480人が参加した。5回目となる今回は、観光の要素を取り入れたコース「奥松島グループライド&ハイキング」(70キロ)を新設。震災復興への歩みを確かめながら、潮騒さざめく奥松島路を快走した。

 参加者は午前8時半から順次、約10人のグループごとに石巻市の石巻専修大を出発。このうち、奥松島コースの参加者は津波で被災した東松島市野蒜地区を巡り、宮戸島を周回した。
 途中、自転車を降りて大高森(標高105メートル)をハイキングし、松島湾の景観を堪能した。JR旧野蒜駅の市震災復興伝承館では語り部の被災体験を聞き、惨禍に思いを寄せた。
 同日はほかに「牡鹿半島チャレンジグループライド」(100キロ)があった。
 スタートに際し、一力雅彦河北新報社社長は「被災地の今を感じ、地元の人たちとの交流を深めてほしい」とあいさつ。宮坂学ヤフー社長は「大会が日本のサイクリング文化をけん引できるよう、マナーを守り走ってほしい」と呼び掛けた。
 大会は2013年に始まり、順位を競わないファンライド方式で行っている。


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る