<ツール・ド・東北2017>交流育むエイドステーション(上)

 ツール・ド・東北でライダーに人気なのが、特産品を味わえる「エイドステーション(AS)」だ。気仙沼市と石巻市を結ぶエリアをコースにする基幹5フォンドには計10カ所設けられる。地域団体が地元の名物料理やスイーツなどを提供し、ライダーが宮城県沿岸ならではの味を楽しむ。ゴールまでもう一踏ん張り。スタッフや住民との交流が力になる。


2017年09月10日日曜日


先頭に戻る