挽歌の宛先 祈りと震災

震災は多くの命と日常を奪い、生き残った人の信心を揺るがした。宗教者もかつてない試練に立つ。死を悼む挽歌(ばんか)。東北の風土に育まれた信仰の意味を探り、死者と共に明日を生きる挽歌を紡ぐ。

特集

バックナンバー

写真特集


先頭に戻る