<平昌通信>ノロ対策万全 ジャパンハウスの内覧会は…

平昌五輪のジャパンハウスの内覧会

 大会関係者の間でノロウイルスが流行し現地で問題となり、メディア宛てに注意を促すメールが届いて不安をあおられます。
 最初の仕事はジャパンハウスの内覧会。世界に日本をPRするため、初めて日本からすし職人を呼び寄せました。気になるのはノロ対策。館内に消毒効果のある次亜塩素酸ナトリウムを含む噴霧器9台を設置。そこにいるだけで守られるという態勢に安心し、おいしく握りをいただきました。
 ジャパンハウスの飲食部門を担当するのは、給食事業などを手掛けるエームサービス(東京)。仙台うみの杜水族館(仙台市)のフードコートや売店を運営する会社で、担当者とあいさつをしました。ちょっとしたつながりに異国の地では、ほっとさせられます。(佐藤夏樹)


2018年02月09日金曜日


先頭に戻る