<B1仙台>新監督に後藤氏 前Wリーグトヨタ監督

 バスケットボール男子、B1仙台の新監督に、女子Wリーグのトヨタ自動車前監督の後藤敏博氏(50)が就任することが6日、分かった。後藤氏は今月中に来仙の予定。
 後藤氏は福岡県出身。中央大卒。日本リーグの熊谷組、いすゞ自動車でプレーし、日本代表にも選出された。2000年からWリーグのトヨタ自動車コーチ、男子スーパーリーグ福岡の監督などを経て、12〜15年にWリーグトヨタ自動車監督。13年には全日本総合選手権で優勝した。
 09年には女子日本代表コーチを務めた。トヨタ自動車退団後は、海外でコーチングを学んでいた。
 仙台は、16〜17年シーズン監督兼ゼネラルマネジャー(GM)の間橋健生氏(46)の辞任に伴い、後任の人選を進めていた。17〜18年シーズンはGMを設けず、球団代表の中村彰久氏(46)がチーム編成業務を担う。
 仙台の今季成績はレギュラーシーズン14勝46敗で、東地区最下位(6位)、リーグでも最下位(18位)。残留プレーオフは1回戦で敗退し、来季はB2で戦うことが決まっている。


2017年06月07日水曜日


先頭に戻る