<B2仙台>大崎八幡宮で祈願 B1復帰絵馬に込め

今季の開幕に向けて必勝を祈願した仙台の選手ら

 バスケットボール男子、B2仙台の選手らが13日、今季の開幕を前に仙台市青葉区の大崎八幡宮で必勝を祈願した。選手11人と後藤敏博新監督、中村彰久球団代表らが大きな絵馬に「B1復帰」などと目標を書き、神事に臨んだ。
 後藤監督は「開幕が目前となり、身の引き締まる思い。課題のディフェンス面を強化し、B1に復帰したい」と意気込んだ。今季から主将を務める柳川龍之介選手は「主将としての自覚と責任を感じている。積極的なプレーと気配りでチームを引っ張りたい」と語った。
 仙台の開幕戦は30日、仙台市太白区のカメイアリーナ仙台でFE名古屋と戦う。


2017年09月14日木曜日


先頭に戻る