<B2仙台>高岡新体制スタート 初練習で守備を確認

激しく体を寄せて守備をする柳川(5)と大声で指示を出す高岡監督(右)

 バスケットボール男子、B2仙台は9日、仙台市のHALEOドームで今年初めての練習を行い、高岡新体制が本格的に始動した。
 練習冒頭の円陣から高岡カラーが出た。これまで高く突き上げていた拳は、腰の付近で合わせる形に。「みんなの目線が合うので」(高岡監督)というのが理由だ。
 前日の会見で守備の再建を宣言したように、約1時間半の多くを守りに割いた。相手への寄せは激しくするよう徹底。合間には、B1栃木のチーム守備を動画で見せながら、選手とイメージの共有を図った。
 柳川主将は「狙いが分かりやすく、選手はコート上で動きやすい」と感触をつかんだ様子。高岡監督は「内容を詰め込みすぎず、明確に伝えることを意識した」と話した。


2018年01月10日水曜日


先頭に戻る