<B2仙台>白戸、デビュー戦で勝利に貢献「泥くさい守備で役に立ちたい」

 特別指定選手のシューティングガード白戸が、デビュー戦で2得点し、高岡監督の初白星に貢献した。「大切な1勝を挙げることができた時に、コート上でプレーできたのがうれしい」と笑顔を見せた。
 第1クオーター残り約4分から出番が回ってきて「準備はしていたが、緊張した」。会場の雰囲気に慣れてきた第3クオーター、いち早く敵陣に走り込み、パスをもらってレイアップシュートを決めた。
 高岡監督が選手たちに求めるのは守備力。白戸は「相手の体の当て方で驚くことはなかった。泥くさい守備でチームの役に立ちたい」と誓った。


2018年02月11日日曜日


先頭に戻る