• 記事を印刷

<楽天>松井裕は来季も抑え 梨田監督明言

松井 裕樹

 東北楽天の梨田昌孝監督は17日、河北新報社の取材に対して、松井裕樹投手を来季も抑えとして起用する方針を明らかにした。松井裕は高卒2年目の今季、先発から抑えに転向して球団新記録となる33セーブに、防御率0.87の好成績を残していた。本人にかねて先発復帰したい意向があり、来季の起用方法が注目されていた。
 梨田監督は就任当初、「若いうちから抑えをして(救援登板を重ねて)いると投手として短命に終わる懸念がある」という理由で、「先発に戻してあげたい気持ちもある」との考えを示していた。だが、抑えの代役となりそうな外国人投手獲得に現時点で見通しが立っていないため、来季も松井裕に抑えを託すことにした。
 梨田監督は、高卒2年目の抑え投手としてプロ野球史上初めて30セーブ以上を記録した松井裕の実力をあらためて高く評価。その上で「すごい数字を残して成功した投手を1年で配置転換するのはどうか。仮にいい外国人投手が入ったとしても、来季に限っては今の形のまま力を発揮してもらった方がいい。チームとしても逃げ切りの形は崩したくない」と説明した。


2015年11月18日水曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る