<ガッツ若ワシ>高い身体能力に自信

ランニングに汗を流す吉持。恵まれた身体能力を生かし、即戦力と期待される

 東北楽天に9人の新人選手が入団した。昨夏の甲子園を沸かせたスター候補生のドラフト1位オコエ瑠偉、即戦力内野手の同2位吉持亮汰ら期待の選手がそろった。プロへの第一歩を歩み始めた若ワシたちを紹介する。

(1)吉持亮汰(22)内野手

 「身体能力で誰にも負けたことがない。オコエにも当然負けるつもりはない」
 豪語に違和感はない。50メートル5秒6の俊足、遠投125メートルの強肩はプロ屈指のレベル。大商大4年時の遠投練習では、本塁からボールを投げてバックスクリーンに当てて、周囲を驚かせたこともある。
 1軍定着が期待される今季、ひそかに考えていることがある。本拠地で先発の守備位置に向かう際などに「遠投を披露して観客に喜んでもらいたい」。強烈な自己顕示欲はプロ向きだ。
 大学では各2度のベストナインに輝いた三塁と遊撃のほか、中堅を守った。4年秋の公式戦には投手として2度登板し、140キロ台中盤の球速を記録した。さらに強肩を買われ、捕手の練習までした器用さがある。「ショートで勝負したいのが一番だが、それ以外も頭にはある」と、外野用グラブも準備してきた。
 目標は「盗塁王」と明確。関西六大学リーグでは、歴代記録にあと3と迫る62盗塁をマークした。
 身体能力ばかりが注目されがちだが、テレビの野球観戦でも無意識に投手のくせを盗もうと見てしまうほど研究熱心。「大学3年の秋に人生で初めて盗塁死したのが悔しかったので。プロではもっと研究に力を注がないと」と、あくまでも貪欲だ。(金野正之)

[よしもち・りょうた]ドラフト2位。1993年11月4日生まれ。大阪府出身。175センチ、68キロ。右投げ右打ち。広島・広陵高−大商大。背番号2。


2016年01月14日木曜日


先頭に戻る