<楽天>オコエ緊張「体ガチガチ」

打撃練習するオコエ=1日、久米島球場

 新人のオコエ瑠偉には緊張の初日となったようだ。梨田昌孝監督の熱視線を浴びる中、打撃投手を相手にした練習では、微妙にタイミングを合わせられず、振り遅れが目立った。
 「監督を気にし過ぎて、体がガチガチになってしまった」と振り返る。さらに先輩選手の打撃練習を目の当たりにし、「振りが強かった。自分との力の差を感じた」とプロのレベルの違いを実感した様子。
 バットを強く振る体力を付けることを目下の課題とする。守備と走塁は高い評価を受けているだけに、1軍に残るためには打撃力の向上が鍵になる。「ここでへこたれていたら、この先やっていけない。もっと気合を入れて頑張る」と自らを鼓舞するように話した。(佐々木智也)


2016年02月02日火曜日


先頭に戻る