• 記事を印刷

<楽天>金武1軍練習 オコエら新人5人参加

準備体操する東北楽天の選手ら=久米島野球場

 東北楽天の沖縄県久米島キャンプは9日、今キャンプ初めて快晴の青空の下、練習した。ブルペンでは、新外国人のリズ投手が力強い投球を見せるなど、投手陣が調整した。30メートル走のタイム測定では、島内宏明、育成の島井寛仁の両外野手がトップタイムの4秒00を記録し、2軍から合流した新人の吉持亮汰内野手(大商大)も4秒06で上位に入った。
 梨田昌孝監督は、13日から沖縄本島の金武町で始まる1軍の練習にオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)、吉持と茂木栄五郎(早大)の両内野手、石橋良太投手(ホンダ)、足立祐一捕手(パナソニック)の新人5選手を引き続き参加させる方針を示した。(9日、快晴、正午の気温18.6度)


2016年02月10日水曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る