• 記事を印刷

<楽天>韓国・斗山との練習試合分ける

 東北楽天は27日、宮崎県日向市のお倉ケ浜総合公園野球場で、韓国プロ野球・斗山と練習試合をし、6−6で引き分けた。
 先発戸村は3回を投げ、5安打3失点の結果だった。ドラフト5位のルーキー石橋(ホンダ)が1回無失点、加藤も2回無失点の好投を見せたが、青山、入野、大塚はそろって1回を1失点だった。
 四回まで4点リードを許す展開だったが、打線が中盤以降に反撃。七回にドラフト2位新人の吉持(大商大)の右前適時打で4−5と追い上げ、九回にも2点を挙げて追い付いた。
 28日は宮崎市のSOKKENスタジアムでオリックスと練習試合を実施する。

斗  山102101001=6
東北楽天000012102=6

(斗)許〓赫、咸徳柱、李賢承、朴晋佑、呉長勲、李顕鎬−梁義智、崔在勲
(東)戸村、青山、石橋、入野、加藤、大塚−小関
(本)朴健祐2(斗)

☆梨田の話ダ

<せっかくなら>
 「一時4点差の完全な負けパターンから、いい形の攻撃ができた。ただせっかくならサヨナラの形にしたかった」(九回に追い付くも、勝ち越し打が出なかった展開に)

(注)〓は土へんに俊のつくり


2016年02月28日日曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る