• 記事を印刷

<楽天>開幕1軍オコエ「自分の力全部出す」

開幕1軍スタートが決まった東北楽天・オコエ

 東北楽天のドラフト1位新人オコエ瑠偉(東京・関東第一高)が高卒新人では球団史上初の開幕1軍入りを決めた。2月の久米島キャンプから1軍に帯同し、試合で着実に結果を出してきた18歳は「今後もしっかり学び、チームに貢献できるプレーをしたい」と意気込んだ。
 試合後、開幕1軍入りを知ると、厳しかった表情を一瞬和らげた。「キャンプ初日には、ここまで1軍でやれるイメージは湧かなかった」と振り返る。
 守備と走塁は早くからお墨付きを得たが、課題の打撃で壁にぶつかった。左脇があくフォームを矯正し、投手との間の取り方は試合で覚えた。池山打撃コーチは「これでホッとせず、努力しないといけない」とさらなる成長を期待する。
 1割7分4厘とオープン戦の打率は低いが、4打点と勝負強さを発揮。西武の菊池雄星(岩手・花巻東高出)ら主戦級投手から安打も放ち、実戦向きのタイプと首脳陣に印象づけた。
 ソフトバンクとの開幕3連戦後には1、2軍の選手が入れ替わる可能性もある。「そこで残れるように頑張らないといけない。自分の力は全部出す」と力を込めた。(佐々木智也)


2016年03月22日火曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る