<楽天>藤田7回2点打

ロッテ−東北楽天1回戦(楽天1勝、14時、ZOZOマリンスタジアム、18、820人)
東北楽天101003200=7
ロッテ 002000020=4
(勝)美馬2試合1勝
(S)松井裕5試合1勝3S
(敗)涌井2試合2敗
(本)田村1号(1)(美馬)=3回、加藤1号(1)(美馬)=3回

 東北楽天が後半に突き放した。2−2の六回、嶋の適時打とペゲーロの2点二塁打で3点を勝ち越し。七回には藤田の2点三塁打で5点差に広げた。先発美馬は5回2/32失点の粘投で今季初勝利。六回途中からは高梨、福山ら6人の継投でしのいだ。
 ロッテは先発涌井が六回途中5失点と誤算だった。

<ペゲーロ適時二塁打>
 東北楽天が誇る脅威の2番ペゲーロがまたも価値のある長打を放った。六回、嶋の適時打で3−2と勝ち越した直後の2死満塁、適時二塁打でリードを3点に広げた。「美馬が頑張っていたし、楽にしてあげたかった」という気持ちを乗せた一打だった。
 初球からひたすら直球攻めを受けた5球目を仕留めた。ファウルで打ち損じた3、4球目よりもやや内角に入ってきた速球を強振し、左中間へ運んだ。「みんながつくってくれたチャンスを無駄にしたくなかった」と、集中力でものにした一本を振り返った。

☆梨田の話ダ
<気にしない>
 「あまり気にしないで戦いたい。そんなにプレッシャーに強い方ではないので」(9日の試合が引き分け以上であれば球団史上初の開幕3カード連続勝ち越しになる、と聞かされて)


2017年04月09日日曜日


先頭に戻る