<楽天>延長サヨナラ勝ちリーグ最速10勝目

【東北楽天4―3日本ハム】10回東北楽天1死一、二塁、代打聖沢が右中間にサヨナラ二塁打を放つ。捕手大野=コボパ宮城

 東北楽天が今季初のサヨナラ勝ちで3連勝し、リーグ最速の10勝目。3−3の延長十回1死一、二塁で代打聖沢が右中間に二塁打を放ち、勝負を決めた。九回はウィーラーの適時打で追い付く粘りを発揮した。
 移籍後、本拠地初先発の岸は6回3失点。七回以降は福山、高梨ら5人が無失点でつなぎ、十回を抑えた松井裕が2勝目を挙げた。
 日本ハムは救援陣が踏ん張れず、逃げ切れなかった。


 東北楽天−日本ハム3回戦(楽天3勝、13時、Koboパーク宮城、27、165人)
日本ハム0002100000 =3
東北楽天0000110011X=4
(延長10回)

(勝)松井裕9試合2勝6S
(敗)鍵谷9試合1勝1敗

(本)レアード2号(2)(岸)=4回、大野1号(1)(岸)=5回


☆梨田の話ダ

<とんでもない一打>
 「あそこは勝負にいかないとと思って送り出したが、よく打ってくれた。岡島が好調だから今は控えで出番が(多く)ないけど、とんでもないことをしてくれる選手」(延長十回、代打でサヨナラ打を放った聖沢に)


☆イヌワシろっかーるーむ

 <森山良二投手コーチ(先発の岸に)>
「野手が頑張ってくれて黒星が付かなかった。援護してもらえる何かを岸は持っている」


2017年04月17日月曜日


先頭に戻る