<楽天>ソフトバンクに連勝 ペゲーロ先制打

 東北楽天が接戦を制し、2連勝。先発予定の岸が登板回避したため、急きょ先発した戸村が六回途中まで無失点と好投し今季初勝利。救援4投手も1失点のみでつなぎ、打線が四回にペゲーロとアマダーの適時打で先取した2点を守り切った。
 ソフトバンクは先発寺原が四回途中2失点で降板。打線も6安打1得点とつながらなかった。

 ソフトバンク−東北楽天6回戦(東北楽天4勝2敗、13時3分、ヤフオクドーム、35,400人)
東北楽天  000200000=2
ソフトバンク000000010=1
(勝)戸村1試合1勝
(S)松井裕13試合2勝8S
(敗)寺原6試合1敗

☆梨田の話ダ

<こんなの初めて>
 「岸の腰に違和感があると与田コーチから聞いていたが、(グラウンドでの)メンバー表交換直前での変更は初めてだった」(先発予定だった岸の登板回避に)

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(先頭打者の四回に二塁打で出塁し、ペゲーロの適時打をお膳立て)>
 「うまくチャンスメークができた。2番にペゲーロがいるのは心強い」

<福山博之投手(六回無死一、二塁から2番手で登板。デスパイネ、明石を併殺打と三振に打ち取る好救援)>
 「併殺打は狙い通り。きょうは戸村さんが好投してくれていたので、その勢いに乗せてもらった」


2017年04月24日月曜日


先頭に戻る